株式会社ナノ・アソシエーション(NANO association co.,ltd.)

魅力を伝える“媒介者”として、演劇の楽しさを広めたい

魅力を伝える“媒介者”として、演劇の楽しさを広めたい

R・M(編集・ライティング)2015年入社

<担当業務について>
入社してから約6年間、演劇サイト「エンタステージ」の編集を担当しており、現在は編集長を務めています。ニュース記事の作成や公演の取材、インタビュー、企画立案など、メディアの運営に関すること全般が業務の中心です。また、「テニスデイリー」など、「エンタステージ」以外のメディアのサポートも行っています。

「エンタステージ」は、私がライターになろうと決意したタイミングと同時期に誕生したサイトです。立ち上げ当時はフリーランスの外注先として携わっていましたが、入社の誘いを受けて内部スタッフに。サイトと一緒に成長してきました。

現在のチームメンバーは3人。日々業務に追われながらも、仕事を“楽しむ”ことは忘れません。エンターテイメントを扱っている身ですし、一人ひとりが毎日を楽しむことが大切。コロナ禍でリモートワークも増えましたが、チーム内でのコミュニケーションは絶やさないようにしています。

過去の仕事が次につながると、大きなやりがいを感じます。私たちは演劇の当事者ではなく、あくまでも魅力を伝える“媒介者”。「あなたに取材をしてほしい」「あなたに書いてほしい」と指名されると、演劇の魅力を引き出す力を認めてもらえたんだなと励みになります。

演劇って、ちょっとニッチな分野。「エンタステージ」が演劇に興味を持ち始めた人にとっての入口のような存在になれたらいいなと思っています。また、今はコロナ禍で演劇から遠ざかる人が増えているという現状も。終息後のためにも「演劇は楽しい!」という気持ちを忘れないでもらうため、多様な企画を打ち立てて盛り立てていきたいです。

MEDIA